新型コロナウイルス COVID-19  

新型コロナウィルス感染症とは                     2022/07/21更新

経過
2019年12月8日、中華人民共和国湖北省武漢で発生した新型肺炎の基因ウィルスとされている。


感染経路
感染経路は主として、咳やくしゃみによる飛沫感染と、接触感染によると言われている。


症状と徴候群
2020年1月21日統計分では、40℃程度の高熱、乾性咳、息切れなどがあるが、ウィルスの変異により様々な症状を示す。そのために不顕性感染も多いと言われていた。2020年8月の症候の調査においては、90%になんらかの嗅覚障害を認めた。嗅覚の障害により、味覚障害が併発する症例も、比較的多く見受けられた。

オミクロン株BA2などでは、咽頭痛が特徴的な症状ともいわれたが、いずれの症状が出たとしても不思議ではない。更に変異を続けたオミクロン株BA5にまで置き換わって、その症状は38℃以上の発熱の持続や倦怠感などを見ることが多いようである。



潜伏期
潜伏期は約1日~14日程度とされるが、中央値は3日~5日といわれる。


診断
症候学的には外見だけの判断は難しく、たとえ発熱がなくとも重症肺炎にまで一気に進行した例もあった。そのために胸部レントゲンや胸部CT等の画像診断の併用で鑑別可能なところもある。
COVID-19の臨床的検査に関しては、PCR法でのウィルスの核酸増幅検査と、血液中の抗体検査が存在する。また、ウィルスそのものの抗原検査も短時間で結果が判明するために行われてはいるが、PCR法に比べて感度は落ちてしまう。


治療
日本で認可されている治療薬は以下

  • レムデシビル - 抗ウイルス薬レムデシビルは、アメリカ食品衛生局によって承認されている唯一の薬剤 。日本では特例承認制度により、5月7日に正式に新型コロナウイルスへの治療薬として承認。
  • デキサメタゾン - ステロイド系抗炎症薬デキサメタゾンが、2020年6月にイギリスで新型コロナに感染した重症患者の死亡率を下げるとの研究結果が報告された。 米国のガイドラインでも人工呼吸器を要する患者に推奨される。ただ入院や酸素吸入を要しない軽中度の患者には推奨されない。日本のガイドラインでも承認されている。
  • バリシチニブ - 2021年4月23日、厚生労働省は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による肺炎に対する治療薬としての適応追加を承認。
  • モルヌピラビル
  • ヘパリン
  • ロナプリーブ- カシリビマブ(遺伝子組換え)およびイムデビマブ(遺伝子組換え)
  • ゼビュディ(ソトロビマブ〈遺伝子組換え〉)


しかし、これといって、特効薬はまだ存在しない。




新型コロナウィルス感染症の現況

福岡県内の新規感染者                    2022/11/13更新

福岡県内の新規陽性者は、本日は1978人確認。7日連続で前週の同じ曜日を上回る。検査数そのものも増加している。

福岡県庁より                        2022/11/12更新

福岡県服部知事より

新型コロナとインフルエンザの同時流行が懸念されます。早めのワクチン接種をご検討ください。換気など感染防止対策の徹底に加え、発熱など体調が悪くなった場合に備え抗原定性検査キットや解熱剤などを早めに購入しておきましょう。

日本医師会会見                       2022/10/29更新

松本吉郎日本医師会会長は1026日の会見で、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が「増加に転じている」との認識を示した。10月に入って社会経済活動がより活発化しており、感染状況に与える影響や諸外国の状況、新たな変異株の動向などを含めて、引き続き注視が必要とした。

松本会長は、今冬の新型コロナの流行拡大がより早期に始まる可能性や、新型コロナで療養中の患者が多数いる状況で、インフルエンザも流行する同時期の流行が懸念されていることに言及。「引き続き状況に応じて必要な基本的な感染対策を徹底することと、ワクチン接種の促進が重要だ」と述べた。インフルエンザの流行に備えて、全国の地域の医療機関において、インフルエンザ患者の検査・診療にもしっかりと対応してもらうよう引き続き呼びかけていく姿勢も見せた。

インフルエンザ同時流行                   2022/10/22更新                 

新型コロナウィルス感染症は、10月に入ってから、かなり少なくなってきていたが、人流の再開と水際対策の緩和からも、徐々に新規陽性者が増加している。10/17には平均値957.0人、10/18は平均値1075.5人、10/19に平均値1120.4人と順調に増加中。今シーズンは、インフルエンザとの混合感染に注意を要する。

新型コロナウィルス新規感染者減少               2022/09/14更新

福岡県内では9月13日、新たに3179人の新型コロナ感染が確認。内訳は福岡市で1074人、北九州市で644人、久留米市で238人、県内のその他の地域で1115人で、このほか県の無料検査センターや県から配布された検査キットで陽性が判明した人が108人。福岡県では、今まで発令していたコロナ特別警報を9月14日より、警報にあらためた。

新型コロナウィルス新規感染減少傾向?             2022/09/05更新

新型コロナウィルスの新規感染者は、9/1は7595人、9/2は6120人、9/3は5685人と数字的には減少しているものの、この背景には濃厚接触者の積極的検査が行われていない問題もあるようである。

新型コロナウィルスの検査・診療体制              2022/08/20更新

新規感染者は高止まりを続けている。そんな中、福岡県では、外来医療のひっ迫を緩和するため、重症化リスクが低いと考えられる有症状者に対し、8月31日(水)まで抗原定性検査キットを配付している。

新型コロナウィルス感染                    2022/07/30更新

7月29日の新型コロナウィルス感染は、全国で221442人を数えた。

7波                              2022/07/16更新

昨日15日に政府は、感染症対策本部を官邸で開き、第7波に突入したことを確認するとともに、新たな行動制限を設けないことを対処方針として決定した。具体的には、高齢者らへのワクチン接種や無料検査の取り組みを強化する方向となった。

第7波?                             2022/07/10更新

東京都内の10日の感染確認は9482人で、1週間前の日曜日のおよそ2.5倍となった。福岡県でも新たに2757人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、第7波へ入った可能性と、今夏の流行拡大の懸念が出てきた。オミクロン株の新系統「BA・5」の急激な感染拡大が一因。

福岡コロナ警報 再発令                     2022/07/06更新

東京都の新規陽性者は5302人。福岡県でも、2366人の新規陽性者を認めた。それを受けて「福岡コロナ警報」が発令された。

福岡県の新型コロナ感染症                     2022/07/01更新

全国で微増                            2022/06/24更新

全体的には減少傾向にあるものの、局所的には前週より微増を続けている。

新型コロナまん延防止等重点措置                  2022/03/05更新

オミクロン株の蔓延とさらなる変異について、まん延防止等重点措置は福岡県では、3月6日までとなります。重点的に感染予防は今まで通り行っていただくことが大切です。

オミクロンも含めた新型コロナ                   2022/02/04更新

全国の新規感染者数(報告日別)は増加が続き、直近の1週間では10万人あたり約426人だが、今週先週比は1.5で鈍化傾向。全国で新規感染者数の増加が継続していることに伴い、療養者数の急増や重症者数の増加が継続。

首都圏や関西圏ではほぼオミクロン株に置き換わっているものの、引き続き、デルタ株も検出されている。

福岡県へまん延防止等重点措置                       2022/01/27更新

1月26日までは、「福岡コロナ警報」による県独自措置が適用されていたが、本日1月27日から2月20日まで上記措置が実施されることになった。
つまり、関西3府県や北海道、福岡など合わせて18道府県にまん延防止等重点措置が適用され、適用地域が34都道府県に広がることとなる。

まん延防止等重点措置拡大                     2022/01/20更新

政府は、1都12県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、群馬県、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、香川県、長崎県、熊本県、宮崎県)にまん延防止等重点措置を適用した。

オミクロン                            2022/01/16更新

福岡県で15日、1098人の新型コロナウイルス感染が新たに確認。1日の感染者数が千人を超えるのは、昨年9月1日の1015人以来。今月7日に100人を超えてから8日で千人を上回った。「第5波」では22日かかっており、「第6波」の感染スピードの速さが際立っている。

オミクロン株の感染拡大                      2022/01/09更新

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない。8日に国内で確認された感染者は8480人。沖縄県は過去最多の1759人。前日より300人以上増え、3日連続で最多を更新。半数の903人が20代

新型コロナウィルス感染動向                     2022/01/07更新

本日の、新規陽性者は、全国で、6214人に上る。米軍基地の存在する沖縄、山口はもちろんのこと、広島県にもまん延防止等重点措置が発出された。各地の陽性者数は前週と比較して、数倍~数十倍に跳ね上がり、第6波の入り口にきていることは否めない。

新型コロナウィルス感染の動向                    2022/01/03更新

前回の更新日には1日の新規陽性者は313名であったものが、1月1日では、456人であった。

オミクロン株拡大中                         2021/12/23更新

オミクロン株の陽性者は、確実に増えてきています。
大阪府の19人を筆頭に 東京都:10人 沖縄県:10人 京都府:8人 愛知県:2人 神奈川県:1人岐阜県:1人 群馬県:1人 埼玉県:1人 山口県:1人 福岡県:1人 千葉県:1人 奈良県:1人 広島県:1人。
各地で、オミクロン株の要請が報告されてきており、この年末年始におかれては、感染予防策を徹底することが肝要になってくるでしょう。

沖縄県の感染                                       2021/12/12更新

沖縄県は11日、県内で新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。1日に発表される新規感染者が5人を上回るのは、11月5日(15人)以来36日ぶり。


日本国でのオミクロン株                       2021/12/11更新

厚生労働省は12月10日、新型コロナウィルス「オミクロン株」の陽性者が成田・羽田・関西空港の検疫で新たに計8人確認されたと発表した。8人の滞在国は、ナミビア(2人)、米国(2人)、モザンビーク(1人)、コンゴ民主共和国(3人)で、いずれも到着時は無症状であり、10歳未満の男子以外の7人はワクチンを2回接種済み。

新しい変異株                            2021/11/30更新

新しい変異株はオミクロン株といいます。ギリシャ文字の15番目の文字であるオミクロンを冠する変異株は、南アフリカで発見され、瞬く間に世界へ拡散した。日本でも、ナミビアから成田に到着した男性が第一例目として、発見されている。全国への拡散は時間の問題であろう。

緊急事態宣言全解除                          2021/09/30更新

政府は19都道府県の緊急事態宣言と8県のまん延防止等重点措置について、9月30日の期限をもってすべて解除することを決めた。

緊急事態宣言拡大                           2021/08/17更新    

政府は、東京や大阪など6都府県に出されている緊急事態宣言について、茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加。
まん延防止等重点措置については宮城、山梨、富山、岐阜、三重、岡山、広島、香川、愛媛、鹿児島の10県に新たに適用。これらの期間も8月20日から9月12日までとした。

新型コロナウィルスに警戒してください                 2021/08/15更新

新型コロナウィルス感染症は、デルタ株に代表される変異株感染力も相まって、昨日末の時点で全国で20151名を数えています。ワクチンも国からの発送が遅々として進まず、皆さんの感染予防策が非常に大切になってきております。

そこで①密をさける ②マスクの隙間ない着用 ③手洗いやアルコール等での手指消毒の励行 この三点は非常に大切ですので、きっちりと押さえておいてください。
自分の身は自分で守りましょう!

緊急事態宣言下での新規陽性者                      2021/7/11更新

東京都内では10日、新たに950人が新型コロナウイルスの陽性が確認され、21日連続で前の週の同じ曜日を上回った。

蔓延防止措置拡大                           2021/04/16更新    

来週20日から、来月11日まで、埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県に「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めた。によって「重点措置」の適用は、東京や大阪などの6都府県から、10都府県に拡大した事となる。

クリニック案内

アクセス

  • バス
    北九州市営バス 鴨生田バス停前

医院名
佐藤医院
院長
佐藤 公一
住所
〒808-0105
福岡県北九州市若松区鴨生田2-9-12

診療科目
内科・心療内科外科・消化器内科
電話番号
093-791-0642
院長の戯言